お肌がどんな状態だと乾燥肌?


乾燥肌とは、肌が乾燥してしまいカサカサになっている状態のことです。 通常の状態であれば人間の肌には適度な湿度を保つ機能があり、必要以上に乾燥しないようになっています。 しかし、様々な原因により乾燥肌になると、肌の保湿機能が異常を起こして乾燥し、軽度であればカサカサする程度ですが、重度になると皮が剥けたり、湿疹や皮膚炎を併発してしまいます。 乾燥肌は痒みを伴うことが多く、アトピー性皮膚炎や手湿疹などとも無関係ではありません。 また、敏感肌の人は少しの乾燥でも痒みを強く感じたりすることもあり、アトピー性皮膚炎などになっている場合はその症状を悪化させることもあります。 乾燥肌は体質による慢性的なものと、水仕事の後や冬季などの空気が乾燥する季節になる突発的なものがあり、後者の場合は保湿剤や化粧水などを上手に使うことにより防げることもありますが、前者の場合は体質を改善しない限り治ることはありません。 乾燥肌の問題点は一度症状が治まっても繰り返しやすいことです。 ですから日常的なケアが必要になることが多く、病院などに行っても対症療法的な処置をされ、根本的な問題が解決されない場合もあります。 手の肌が乾燥肌になると皮膚がカサカサしますから、ささくれやひび割れが出来やすくなり水仕事の際に沁みます。 また、背中が乾燥肌になると寝る前に痒くて眠れなくなることもあります。 女性の場合は顔が乾燥肌になるとカサカサしたり皮が剥けたりして見た目が悪くなるだけでなく、化粧ののりも非常に悪くなります。 このように、乾燥肌になると痒みや痛みで日常生活に支障が出る上に、美容的な問題も起こってきます。 しかし、体質の改善や生活習慣の改善により防げる乾燥肌もありますので上手に対処して良い状態をキープするようにしましょう。